乾燥は浴室で手軽にスキンケアできるんですよ

わたしは普通肌と呼ばれている特に大きな問題のない肌です。乾燥しやすい季節になると足を中心にかゆみが出るのが最近の悩みですがかゆみ以外の悩みはほぼありません。結構周りからは肌について褒められるので肌には自信があります。ただ、冬になるとさすがに肌が乾燥するためスキンケアアイテムを使っています。

 

最近簡単で気に入っているスキンケアはお風呂場で使えるスキンケアアイテムを使うこと。お風呂場って蒸気がすごくてバスタオルでカラダを拭いても蒸気でしめってしまいますよね?

 

我が家の浴室はいつもそんな感じで蒸気が満ちているのでバスタオルでカラダを拭いてもぜんぜん乾燥しません。しかしその乾燥しない状態がスキンケアに役立っているのです。

 

肌が蒸気で蒸されているようになったとき保湿クリームを塗るとクリームの使用量を抑えられます。抑えられるのと同時にスキンケアが効果的になります。肌に水滴が付いていると保湿クリームを水がはじいてしまいますが蒸気は水滴よりずっと小さいためクリームとケンカせず混じり合ってくれるのです。

 

乳化という言葉があってその言葉の意味を知っている人は多いかと思いますが、水と油の成分って普通は混じり合わないのですが、水と油を混じり合わせるために必要な成分がありそうやって混じり合わせて保湿クリームはできあがっています。

 

そうやって作られている保湿クリームでもカラダが水滴で濡れていると粒子が大きいため乳化の邪魔をしてしまうんですね・・・。蒸気で蒸されている肌には大きな水滴が付いていないから保湿クリームを塗っても肌に浸透しやすいです。

 

浴室の蒸気簡単につくれるし利用価値が大きいですよ。肌の乾燥で悩んでいる人たちにこの方法をオススメしたいです。高級なクリームなどは一切必要なし。ファミリーで使うお徳用の保湿クリームで充分です。その保湿クリームを手のひらで良くのばして乾燥している部分から塗っていくとかゆみが消えます。